ドコモspモード版 ワールドベースボール

エンゼルス、守護神イグレシアスが4年契約で残留合意 米メディア報道

注目コーナー

新着ニュース

レッドソックス、マリナーズFAの57勝左腕パクストンと11億円で合意

レッドソックスが、マリナーズからFAとなった先発左腕ジェームズ・パクストン(33)と1年1000万ドル(約11億円)で合意したと11月30日、ESPNなどが報じた。23、24年は球団が契約選択権を持つ。 カナダ出身のパクストンは13年にマリナーズでデビューし、ヤンキースに移籍した19年に自己最多15勝をマーク。昨季は左前腕部の故障で5試合の登板にとどまった。今季はマリナーズに3年ぶりに復帰するも、...

関連するニュースを読む

エンゼルス、守護神イグレシアスが4年契約で残留合意 米メディア報道

ライセル・イグレシアス(2021年8月30日)

エンゼルスが30日、今季34セーブをマークした抑え右腕ライセル・イグレシアス投手(31)と4年総額5800万ドル(約63億8000万円)で残留に基本合意したと、複数の米メディアが伝えた。エンゼルスは、今オフFAとなったイグレシアスに1年契約のクオリファイングオファー(QO)を提示したが拒否されていた。FA移籍で守護神を失う危機にあったが、複数年で再契約にこぎ着けた。 エンゼルスはこの日、もう1人の...

関連するニュースを読む

カブス、ゴームズと2年14・3億円合意の報道に去就注目コントレラス反応

カブスがベテラン捕手のヤン・ゴームズ(34)と2年総額1300万ドル(約14億3000万円)の契約に合意したようだ。情報筋の話としてMLB公式サイトが30日に伝えている。 正式サインは健康診断終了後となる見込み。MLBネットワークのケン・ローゼンタール記者によると、契約には3年目のオプションのほか、先発試合数に応じたボーナスも含まれているという。 ゴームズはここまで10年のメジャー生活で計813試...

関連するニュースを読む

王者ブレーブス、スニトカー監督との契約を24年まで延長

ブレーブスのブライアン・スニトカー監督(AP)

今季ワールドシリーズ王者に輝いたブレーブスが、ブライアン・スニトカー監督(66)との契約についてオプションを行使し、2024年まで延長した。 スニトカー監督は2016年のシーズン途中からブレーブスの指揮官に就任。低迷していたチームを18年からは強豪に変え、この年にはナ・リーグ東地区優勝を果たしてリーグ最優秀監督に選出された。 スニトカー監督のもと、チームは昨季35勝25敗で地区3連覇を達成。球団側...

関連するニュースを読む

【解説】大谷翔平は貴重な左の長距離砲 日本人&球団初「最強DH」栄誉

「エドガー・マルティネス賞」を受賞したエンゼルス大谷翔平(21年10月3日撮影)

ア・リーグ最優秀指名打者(DH)に贈られる「エドガー・マルティネス賞」の受賞者が11月29日(日本時間同30日)に発表され、エンゼルス大谷翔平投手(27)が初受賞した。今季は打者で打率2割5分7厘、46本塁打、100打点、26盗塁の結果を残し、登板日以外にDHでチームに貢献した。日本人選手とエンゼルスで初の受賞者となり、同一年にMVPとのダブル受賞はメジャー史上初。DHでNO・1の称号を得て、11...

関連するニュースを読む

コラム

MLBで止まらない大谷“賞タイム”「スポーツ界のMVP」にも輝くか注目
水次祥子の「書かなかった取材ノート」

大谷翔平MVPで思い出したジーター引退時の「Re2pect」

大谷翔平(2021年11月15日撮影)

エンゼルス大谷翔平投手(27)の受賞ラッシュとなったMLBの各賞も、29日(日本時間30日)の最優秀DH発表でほぼ終了する。この数週間は、まるでお祭りのようなにぎわいだった。 クライマックスは何といっても、全米記者協会(BBWAA)が選出するMVPだった。米メディアではシーズン終了前から、大谷はMVP確実だと唱える野球ジャーナリストが多く、受賞当たり前のムードが漂っていたが、あまりに予想通り過ぎる...

助っ人列伝

球種は少ないが3Aで実力証明の西武新助っ人エンス

今季に所属していた外国人選手が全員退団し、大幅な戦力入れ替えが確実な西武が新外国人として獲得したのが左腕のディートリック・エンスだった。 エンスは2012年のドラフト19巡目でヤンキースから指名されてプロ入り。当初はリリーフがメインだったが徐々に先発として頭角を現し、17年途中にツインズへトレードされた後でメジャーデビューを果たす。しかし先発1試合を含む2試合で防御率6・75と打ち込まれ、翌年はマ...

外国人記者の目

制限を設けなければ、何でも可能だ
外国人記者の目 ダルビッシュ

新体制でダルビッシュとともにチーム変革を望むパドレス

パドレス・ダルビッシュ(2021年9月8日撮影)

The Padres hope the new manager/pitching coach turns around with Darvish ダルビッシュ有の2021年シーズンは、前後半で対照的となった。パドレスのA・J・プレラーGMも先日、GM会議が行われたカリフォルニア州カールスバッドで、「パフォーマンスにおいては2つに分けられる」と話した。 「前半はオールスター。安定していて、先発の軸と...

外国人記者の目 大谷翔平

このオフ、エンゼルスがすべきこと

9月、アスレチックス戦に先発し力投するエンゼルス大谷(2021年9月19日)

To do list for the Angels this off season 6季連続で負け越し、プレーオフでの勝利は2009年が最後というエンゼルスに必要なものーーそれは、投手、投手、そして投手。誰の目にも明らかだ。 6月のドラフトでは、20の指名枠すべてを投手に使い(MLB初)、このオフもトレード、フリーエージェント市場では、補強ポイントを投手に絞って動く見込みだ。 オフェンスに関しては...

ランキング

タイガース、FAバエスと6年154億円の契約で合意と報道 

今オフにメッツからフリーエージェントとなった強打者ハビエル・バエス内野手(28)が30日、タイガースと6年1億4000万ドル(約154億円)の契約で合意した。情報筋の話によると、フィジカルチェック待ち。 バエスは2014年のデビューからカブスでプレーし、今季途中にメッツへ移籍。オールスターには2回選出されたことがあり、ワールドシリーズ制覇を果たした2016年にはリーグMVPにも輝いた。 今季は2球...

ホワイトソックス、グレーブマンと3年26・4億円で契約合意 今季5勝

アストロズ時代のケンドール・グレーブマン(2021年9月12日)

ホワイトソックスとケンドール・グレーブマン投手(30)が30日、3年2400万ドル(約26億4000万円)の契約で合意した。 2014年にデビューしたグレーブマンは、アスレチックス時代の16年に2桁勝利をマーク。しかし、その後は度重なる故障に苦しみ19年にトミー・ジョン手術を受けた。今季はマリナーズとアストロズの2チームでプレーし、5勝1敗、防御率1・77。計56イニングでわずか35安打しか許さず...

パドレス、阪神退団のスアレス獲得交渉へ 初メジャー契約で米国デビューも

阪神スアレス(2021年10月20日)

パドレスが、阪神を退団することが明らかになったロベルト・スアレス投手(30)の獲得に向け、交渉を行っていることが分かった。ジ・アスレチックのケン・ローゼンタール記者が11月30日(日本時間12月1日)、「シリアスな話し合いをしている」と伝えた。契約は、1年700万ドル(約7億7000万円)程度が見込まれているという。 パドレスは先発ローテにダルビッシュ有投手(35)がおり、傘下マイナーでは今季、加...

筒香嘉智「戻りたい気持ち強かった」複数球団オファーもパイレーツ愛貫いた

筒香嘉智(2021年1月撮影)

パイレーツへの残留を決めた筒香嘉智外野手(30)が30日、オンライン会見に応じ、交渉の経緯やメジャー3年目へ向けた抱負を語った。 公式戦終了後、パ軍のほか、複数球団から複数年のオファーを受けた中、自ら1年契約を希望し、年俸400万ドル(約4億4000万円)で合意した。「ピッツバーグが好きですし、戻りたいという気持ちが強かった。マイナーも経験した中で、チームの皆さんに感謝していますし、ピッツバーグで...

MLB今季の公式球2種類あったことが発覚 飛ぶボールと飛ばないボール

大リーグ公式球(2020年2月撮影)

MLBの今季の公式球に、飛ぶボールと飛ばないボールの2種類があったと、最新の専門家の調査で明らかになった。米ニュースサイト「ビジネス・インサイダー」が11月30日(日本時間12月1日)、伝えた。スポーツデータサイエンティストのメレディス・ウィリス博士が今季の公式球を調査し明らかになったもので、ボールのコア部分が軽い材質のものと、重い材質のものがあったという。 MLBでは2019年、本塁打が記録的ペ...